日本犯罪心理学会第54回大会

*日本犯罪心理学会大会ヘルプデスクからのお詫びと確認のお願い*
大会参加費の定型請求書(振込用紙付き)に、一部、別学会様の用紙フォーマットが混入しておりました。
対象は、5/23までに事前参加申込を完了された申込者様宛に、5/25付でご郵送した請求書です。

誤った振込用紙が届いたり、既にお振込みいただいている場合は、日本犯罪心理学会大会ヘルプデスク(jacp-desk@bunken.co.jp ※全角@になっていますので、半角@に直して送信してください。)までご連絡をお願い致します。
この度は、ご迷惑をおかけし、心から深くお詫びいたします。

 このたび、東洋大学白山キャンパスにおいて、日本犯罪心理学会第54回大会を開催させていただくことになりました。
 東洋大学は、明治20(1887)年に「私立哲学館」として井上円了により創立された4キャンパス11学部44学科による歴史ある大学です。また白山キャンパスは、大会運営の支援をいただく社会学部社会心理学科など6学部にて構成され、社会人や留学生も多く学ぶ、都心の学び舎となっています。会場までのアクセスの良さやコンパクトな大学施設など、快適な環境の中で会員の皆様方には活発な討論を行っていただけるものと期待しております。
 第54回大会では、「これからの犯罪心理学を考える」をメイン・テーマとし、昨今の犯罪心理学を取り巻く諸事情(資格問題、研究法、統計分析、国際化など)を鑑み、いくつかの企画を検討しているところです。また、「東洋大学 21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター(HIRC21)」のご協力を得て、共同企画を開催する予定です。
 現在、諸大学及び司法関係機関の方々のご協力をお願いし、大会準備委員会を立ち上げているところです。多くの会員の方々にご参加くださいますよう、心よりお待ち申し上げます。 

大会準備委員会委員長 桐生正幸

大会期間中の宿泊について:
会場近辺の宿泊施設が早い時期に満室になるおそれがあります。宿泊の予約手続きを早めに行うことをお勧めします。

  1. 会期・会場
    ◇会期 2016年9月3日(土) − 4日(日)
    ◇会場 東洋大学 白山キャンパス5号館 (東京都文京区白山5-28-20)
    (アクセスマップ:http://www.toyo.ac.jp/site/access/
  2. 大会プログラム
    >> 大会プログラム(8/1版)の閲覧はこちらから(PDF)
  3. 大会諸費用
    大会参加費: 正会員 6,000円(前納) 7,000円(当日)
    臨時会員 7,000円(前納・当日)
    正会員(学生) 2,000円(前納) 3,000円(当日)
    臨時会員(学生) 3,000円(当日のみ)
    ※学生証提示必須
    懇親会費: 会員種別問わず 4,000円(前納) 4,500円(当日)
    (準備の都合上,なるべく事前申込みをお願いします)
    会員は不課税、臨時会員は課税です。
    名誉会員の大会参加費・懇親会費は、無料です。
    【事前参加登録申込締切 2016年7月29日(金)8月5日(金)まで延長
    【事前参加費用振込期限 2016年8月10日(水)8月17日(水)まで延長

    ◇ ご所属先指定書式での請求書発行をご希望される場合
    Web参加申込時に請求書指定書式の選択時に「有」を選択し、
    7月15日(金)7月22日(金)までに請求書指定書式を大会ヘルプデスクにご郵送ください。

    ご郵送いただく際には、必ず、返信用封筒(切手貼付・宛名記入済)を同封してご郵送ください
    ※今回大会では、メール添付での指定書式の送付は対応致しかねますのでご注意ください。


    ◇大会プログラムと参加証・領収書について
    参加証・領収書は、会員区分に関わらず、大会当日に会場でお渡しします。
    なお、大会プログラムは、当ページ上に掲載するほか、
    正会員の方へは7月下旬に郵送する予定です。
    臨時会員の方へは、大会当日に会場でお渡し致しますのでご了承ください。

  4. 発表・参加申込
    Web発表申込期間:2016年3月中旬〜2016年5月16日(月)まで
                 2016年5月23日(月)まで延長
    Web参加申込期間:2016年3月中旬〜2016年7月29日(金)まで
                 2016年8月5日(金)まで延長


    1. 上記ボタンからWeb申込を行ってください。
      発表要旨および発表分類は,部門決定の参考にしますので,必ず記載をお願いいたします。
    2. 申込の流れは、下記の「Web申込要領」をご参照ください。
      第54回大会Web申込要領(PDF)はこちら
    3. 発表申込は,代表発表者のみ行ってください。

  5. 研究発表の要項
    研究発表は,ポスター発表および口頭発表の形式で行います。
    1. ポスター発表では,ポスターを掲示し,これをもとに個別に討議を行っていただきます。ポスターは縦180cm×横90cmに収まるように作成してください。掲示時間は2時間で,在席責任時間は1時間です。同一題目による一連発表は認めますが,それぞれの発表ごとに目的・方法・結果を含むようにしてください。
      ※ポスター発表での事例発表は避けてください。
    2. 口頭発表は,一般発表と事例発表に分かれます。
      • 一般発表は,発表12分,質疑応答3分です。同一題目による一連発表は認めますが,それぞれの発表ごとに目的・方法・結果を含むようにしてください。
      • 事例発表は,発表20分,質疑応答10分とします。個人情報の保護に万全の配慮を行っていただくとともに,正会員のみ参加の会場での発表となります。
      • 企画ワークショップにおいても,事例の紹介に際しては個人が特定されないよう充分に留意してください。
      • 口頭発表会場(一般・事例)に用意されている機材は,液晶プロジェクターとWindows7パソコン(PowerPoint2013 インストール済)です。USBフラッシュメモリをお持ちいただき,セッションの最初の発表開始前に各自でデータをパソコンに移し,動作確認を行ってください。また,大会運営の都合上,ご自身のパソコンの持ち込みはご遠慮願います。
      • 配付資料は120部程度を各自でご用意ください。大会準備委員会では配布資料の印刷は行いません。
  6. 発表資格
    代表発表者(ポスター発表・口頭発表)と連名発表者は,次の条件を満たす方に限ります。
    1. 本学会員であり,かつ2016年度会費を納入していること。
      新入会員の方は,2016年4月22日(金)時点で入会申込書が学会事務局に到着していることが必須です。入会申込書の受付は郵送に限ります。期限を過ぎた場合,今大会での発表はできませんのでご注意ください。
    2. 代表発表者になれるのは,ポスター発表・口頭発表を通じて1人1回に限ります。連名発表者はこの限りではありません。
  7. 発表要件と抄録原稿提出方法
    1. ポスター発表
      1時間の責任時間に在席し質疑応答を行うこと。
    2. 口頭発表(一般・事例)
      セッション全体に参加し,口頭発表を行い,討議に参加すること。
    3. 抄録原稿の提出方法
      2016年8月19日(金)必着で,「日本犯罪心理学会第54回大会抄録受付係」宛てに原則としてPDFファイルをメールに添付して提出してください。ただし,この提出方法が困難な場合は事務局にご相談ください。
      ※大会会場での提出は受け付けませんのでご了承ください。
      ※期限までに抄録原稿の提出がない場合は,正式な学会発表とは認められません。
      ※抄録原稿作成要領に従って原稿を作成してください。作成要領は,Webページ上に掲載するほか,発表申込締切後に別途メール添付でご送付いたします。

      ●抄録原稿提出・問い合わせ先
      日本犯罪心理学会第54回大会抄録原稿受付係
      〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-4-19(株)国際文献社内 
      E-mail:jacp54@bunken.co.jp Fax:03-3368-2830
  8. 第54回大会に関する問い合わせ先
    ●大会全般に関するご質問
    日本犯罪心理学会第54回大会準備委員会(事務局:佐藤,入山)
    〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20 東洋大学
    E-mail:jacp2016toyo@gmail.com ※全角@になっていますので、半角@に直して送信してください。

    ●発表・参加申込および参加費納入に関するご質問、請求書指定書式の郵送先
    日本犯罪心理学会大会ヘルプデスク
    〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5(株)国際文献社内
    E-mail:jacp-desk@bunken.co.jp ※全角@になっていますので、半角@に直して送信してください。
    Fax:03-5227-8632

    ※連絡は,できるだけE-mailにてお願いします。
お問い合わせ | サイトマップ | HOME
日本犯罪心理学会