日本犯罪心理学会第56回大会

 このたび,古都奈良において,日本犯罪心理学会第56回大会を開催させていただくことになりました。
 奈良での大会開催は,1993年の第31回大会(会場は奈良女子大学)以来ですので,4半世紀ぶりということになります。今回は,交通至便でさまざまな学会開催でも使われている奈良県文化会館を会場といたします。会場は日本有数の観光地である奈良公園・東大寺にも近いです。
 これまでに,大学や関係機関の方々の協力を得て準備委員会を立ち上げ,日本の犯罪心理学がさらに躍進するよういくつかの企画を検討しているところです。多くの会員の方々にご参加くださいますよう,心よりお待ち申し上げます。

大会準備委員会委員長 岡本 英生

大会期間中の宿泊について:
会場近辺の宿泊施設が早い時期に満室になるおそれがあります。宿泊の予約手続きを早めに行うことをお勧めします。

会場周辺の道路規制について:
大会2日目(12月9日)は「奈良マラソン2018」開催のため,マラソンコース及び周辺道路において交通規制が実施されます。
JR奈良駅から大会会場までのバスは運行停止になりますので,JRではなく近鉄電車の利用をお勧め致します。

1.会期・会場

◇会期:
2018年12月8日(土)〜12月9日(日)
◇会場:
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町6−2 奈良県文化会館
(アクセスマップ:http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=22520

2.大会プログラム

日本犯罪心理学会第56回大会プログラム(PDF)

3.発表・参加申込,抄録提出

◇発表申込期間
:4月5日(木)〜6月11日(月) 6月20日(水)まで延長
◇抄録投稿期間
:7月30日(月)〜11月22日(木)
◇事前参加申込期間
:4月5日(木)〜9月28日(金) 10月15日(月)まで延長
◇事前参加費用振込期限
10月10日(水) 10月29日(月)まで延長

※発表申込は,代表発表者のみが行ってください。

※発表要旨(80文字程度)および発表分類は,部門決定の参考にしますので,発表申込時にご入力・選択いただきます。

※臨時会員の方は,口頭発表(事例)に参加できません。

  1. 発表・事前参加申込は,Web(インターネット)のみに限らせていただきす。
    ※今回大会から,抄録原稿の提出についても,Web上での受け付けとなりますのでご注意ください。詳細は,「抄録原稿の提出方法」をご参照ください。
  2. 上記ボタンからWeb申込を行ってください。
  3. 申込の流れは,「Web申込要領」をご参照ください。
    第56回大会Web申込要領(PDF)はこちら

4.大会諸費用

大会参加費 正会員 7,000円(前納) 8,000円(当日)
臨時会員 8,000円(前納・当日)
正会員(学生) 2,000円(前納) 3,000円(当日)
臨時会員(学生) 3,000円(当日のみ)
※学生証提示必須
懇親会費 会員種別問わず 4,000円(前納) 5,000円(当日)
(準備の都合上,なるべく事前申込みをお願いします)
  • ※会員は不課税,臨時会員は課税(上記料金に消費税を含む)です。
  • ※名誉会員の大会参加費・懇親会費は無料ですので,参加申込は不要です。大会当日,会場で名札をお渡しします。

◇請求書の発行について

【ご所属先の指定書式をご希望の場合】

  • Web参加申込時に,請求書指定書式の選択肢で「有」をお選びの上,9月11日(火)までに請求書指定書式を大会ヘルプデスクにご郵送くだい。
    ※指定書式は郵送でのみの受付となります。
  • 指定書式へは,必要事項(宛名・金額・参加者氏名等)を記入の上,必ず返信用封筒(切手貼付・宛名記入済)を同封してご送付ください。

    ※大会ヘルプデスクでは,大会準備委員会印と大会準備委員長私印の押印のみ行います。

    ※請求書の発行元署名や振込先口座は参加申込時に申込システムから配信される完了通知メールに記載しております。

【特に指定書式をご希望されない場合】

  • 定型請求書(振込用紙付き)を,ご登録いただいたご住所へ5月下旬から順次発送致します。
  • Web参加申込時に,請求書指定書式の選択肢で「無」をお選びください。

◇参加証・領収書について

会員区分に関わらず,大会当日に会場でお渡しします。

5.研究発表の要項

研究発表は,ポスター発表および口頭発表の形式で行います。

  1. ポスター発表では,ポスターを掲示し,これをもとに個別に討議を行っていただきます。ポスターは 縦160cm×横90cmに収まるように作成してください。最上段に、題目・氏名・所属を明記してください。掲示時間は2時間で,在席責任時間は1時間です。同一題目による一連発表は認めますが,それぞれの発表ごとに目的・方法・結果を含むようにしてください。
    ※ポスター発表での事例発表は避けてください。
  2. 口頭発表は,一般発表と事例発表に分かれます。
    • 一般発表は,発表12分,質疑応答3分です。同一題目による一連発表は認めますが,それぞれの発表ごとに目的・方法・結果を含むようにしてください。
    • 事例発表は,発表20分,質疑応答10分とします。個人情報の保護に万全の配慮を行っていただくとともに,正会員のみ参加の会場での発表となります。
    • ミニ・シンポジウムにおいても,事例の紹介に際しては個人が特定されないよう充分に留意してください。
    • 口頭発表会場(一般・事例)に用意されている機材は,液晶プロジェクターとウィンドウズパソコン(PowerPoint インストール済)です。USBフラッシュメモリをお持ちいただき,セッションの最初の発表開始前に各自でデータをパソコンに移し,動作確認を行ってください。また,大会運営の都合上,ご自身のパソコンの持ち込みはご遠慮願います。
    • 配付資料は120部程度を各自でご用意ください。大会準備委員会では配布資料の印刷は行いません。

6.発表資格

代表発表者(ポスター発表・口頭発表)と連名発表者は,次の条件を満たす方に限ります。

  1. 本学会員であり,かつ2018年度会費を納入していること。
    新入会員の方は,2018年5月15日(火)時点で入会申込書が学会事務局に到着していることが必須です。入会申込書の受付は郵送に限ります。期限を過ぎた場合,今大会での発表はできませんのでご注意ください。
  2. 代表発表者になれるのは,ポスター発表・口頭発表を通じて1人1回に限ります。連名発表者はこの限りではありません。

7.発表要件と抄録原稿提出方法

  1. ポスター発表
    1時間の責任時間に在席し質疑応答を行うこと。
  2. 口頭発表(一般・事例)
    セッション全体に参加し,口頭発表を行い,討議に参加すること。
  3. 抄録原稿の提出方法
    第56回大会より,メール添付からWeb上での提出へ変更になりました。7月30日(月)から11月22日(木)までに,発表申込と同じ申込システムから,原則としてPDFファイルでご投稿ください。ただし,この提出方法が困難な場合は事務局にご相談ください。

    ※7月30日(月)より受付開始予定です。受付開始はメールにてお知らせ致します。

    ※大会会場での提出は受け付けませんのでご了承ください。

    ※期限までに抄録原稿の提出がない場合は,正式な学会発表とは認められません。

    ※抄録原稿作成要領に従って原稿を作成してください。作成要領は当ページ上に掲載するほか,発表申込締切後に別途メール添付でご送付いたします。

●抄録原稿に関する問い合わせ先
日本犯罪心理学会第56回大会抄録原稿問い合わせ受付係
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-4-19(株)国際文献社内
E-mail:jacp56[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください)
Fax:03-3368-2830

8.第56回大会に関する問い合わせ先

●大会全般に関するご質問
日本犯罪心理学会第56回大会準備委員会
奈良女子大学 生活環境科学系 岡本英生
〒630-8506 奈良県奈良市北魚屋西町
E-mail:jacp56th[at]gmail.com([at]を@に変更してください)

●発表・参加申込および参加費納入に関するご質問
日本犯罪心理学会大会ヘルプデスク
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5(株)国際文献社内
E-mail:jacp-desk[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください)
Fax:03-5227-8632

※連絡は,できるだけE-mailにてお願いします。

お問い合わせ | サイトマップ | HOME
日本犯罪心理学会