日本家族学会 更新履歴 | サイトマップ | ホーム
日本家族社会学会について
入会案内
定例大会
学会誌
日本家族社会学会賞
ニュースレター
お知らせ/人事公募
全国家族調査委員会
リンク
  会員専用ページはこちら
日本家族社会学会事務センター
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358−5
アカデミーセンター
 入会・住所変更等のご連絡
  学会事務センター
 機関誌に関するお問い合わせ
  編集委員会事務局
 サイトに関するお問い合わせ
  学会事務局

科研費・学術変革領域A「生涯学」公募研究のオンライン説明会(1月23日開催)のお知らせ

2021年1月23日(土)13:00から、科研費・学術変革領域A「生涯学」公募研究のオンライン説明会を開催します。

本領域では、社会学分野の公募研究として、「社会的環境とその中に置かれた個人の生活に関する社会学的研究」を公募することとなりました。ご関心のある方はぜひ、1月23日(土)のオンライン説明会にご参加ください。

※なお、本領域での社会学分野の計画研究としては、「高齢者の社会参加の家族的・社会的条件の探索」(代表者:筒井淳也)と「ウェルビーイングの規定要因に関する実証的研究」(代表者:柴田悠)があり、本年度より研究がスタートしています。

詳細:
本年度より、科研費・学術変革領域A 「生涯学の創出−超高齢社会における発達・加齢観の刷新」 (2020〜2024年度)が採択されました。

本領域は、従来の「成長から衰退へ」という固定的な発達・加齢観を刷新し、人間の生涯における変化を、多様な成長と変容を繰り返す生涯発達のプロセスとして明示することを目的としています。行動解析による認知心理学的研究、脳活動測定による生理心理学的研究、精神疾患や認知症に関する臨床心理学的研究、社会調査をもとにした社会学的研究、フィールド調査をもとにした文化人類学的研究、そしてそれらの基礎研究の成果を社会実装するための教育学的研究を有機的に連携させ、基礎から応用までの展開を進める多元的な人間研究を実施します。

つきましては、下記の要領で、当該領域のキックオフミーティングをオンラインで開催いたします。 また、2021年度からの公募研究班の募集を2021年1月に開始しますので、キックオフミーティング内にて公募研究の説明も行います。公募研究では、各計画班に関連する研究に加えて、「生涯学」のコンセプトに関わる境界領域の研究も公募する予定ですので、多くの方の積極的な参加をお待ちしております。

参加には事前登録が必要です。参加を希望する方は、下記のウェブサイトより登録をお願いします。

日時:
2021年1月23日(土)13:00-14:30
実施形式:
Zoomによるオンライン
事前申し込みサイト:
https://ws.formzu.net/dist/S55235400/
言語:
日本語
参加費:
無料
問い合わせ:
lifelongsciences[at]gmail.com([at]を@に変更してください。) (領域代表者:月浦崇)
領域ホームページ:
https://www.lifelong-sci.jinkan.kyoto-u.ac.jp/
主催:
科研費学術変革領域研究「生涯学の創出−超高齢社会における発達・加齢観の刷新」